じいちゃん よ やすらかに

2017/06/11 22:32
母より「祖父が危篤!おやじ一同はこれから群馬を出る」との連絡

2017/06/11 23:15
祖父家へ急行。
息を吹き返していたが、祖父の体から大量の汗が出ており祖母と交代で汗拭き。

2017/06/11 23:18
医者・看護師到着。 看護師の手により服の着替え実施。

2017/06/11 23:35
安定してきているので、本日は様子見とし、明日9:30頃にまた来ていただくこととした。

2017/06/11 23:50
従姉妹一家到着

2017/06/12 00:27
おやじ達到着
祖父と挨拶

2017/06/12 02:00
従姉妹の一番上の姉(高校1年)が腹減ったとのことで、夕食にすき家へ。

2017/06/12 02:40
俺と妹の二人で祖父の看病(汗拭き、水分補給)
(他一同は大事とって寝てもらうことに)

2017/06/12 05:33
祖父が急に「寒い」と言い出した
祖母、母を起こし、体を温めることを開始。

2017/06/12 06:12
祖父の容態が落ち着いてきた。
7:00頃に飯が食べられるよう準備することに。

2017/06/12 07:00
飲み物関連が無かったため、購入してくることとなった。
この時、祖父は寝息を立てながら寝ていた。

2017/06/12 07:47
母・母方の弟の車2台の置き場所について、ご近所の方が貸してくれることが判明。
俺が朝食準備中だったため、母・母方の弟が車の移動で家を離れる。
妹は祖父の容態を見る。

2017/06/12 08:00
妹の前で最後の息をする

2017/06/12 08:01
妹から「なんか息してない!」という声があがり、確認。
妹に母達を呼んでくるように伝える。

2017/06/12 08:07
なにをしても息を吹き返してこない。

2017/06/12 08:32
医者の手により死亡診断を受ける。


・・・寝るように息を引き取ったのは良かったかな。。
苦しんでいくより、ずっとよかったと信じたい。


その後は本当にドタバタした。
市役所・農協・住職(?)等々声をかけて対応。
また、親戚各位へ電話やメールにて一報。

市役所・農協等には俺がタクシーをすることとした。
祖母も母も運転はできるが、親族が亡くなった直後でダイジョウブなわけがないので。
事故られて迎えられても困るということでこういうことになった。

・・・ウチ? ウチは弱音履いてる場合じゃないからね。。。
男の子はガマンですさ。

ってことで、通夜等の日程も決まったので、今週着々と対応することになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿