ドラクエⅪプレイ_16

~ 大樹崩壊後 その2 ~
主人公のレベル:49

デルカダール王よりデルカダール城に巣くう闇を晴らすよう指令をうけ、グレイグと共にデルカダール城を目指す主人公とグレイグは過去に通った地下道から城を目指す。
地下道といえば、ドラゴンに追いかけられたなぁ~って思いから、ちょい寄り道。
ブラックドラゴンが出てきて戦闘…弱い。
あっという間に退治して、城へ。

王様が甘党だったり、つまみ食い専用の梯子があったりとダイジョウブ?この国と思いながら先へ。
王座ではホメロスが待っており、イベント戦の後、6柱の一人とかいうボス発生。パープルオーブで分身とかわけわからなことされたけど、ギガスラとつるぎの舞連発でサクサククリア。
戦闘後、パープルオーブゲットし、イシの村へ。

魔王降臨後、久しぶりの日の光をあびる村人。
デルカダール王に会い、グレイグと共にドゥーランダ山に向かうことに。
ドゥーランダ山には勇者にゆかりのある者たちが住んでいるとか。
ただし、大樹が落ちた場所に近いからダメかもとのことだが、とりあえず行かないとわからないからね。

イシの村を後にした主人公一行はドゥーランダ山に向かう途中の看板でソルティコが近いことを知る。
ソルティコといえばカジノ。 もしかしあら100枚スロット開放されてるかな?と思いながら向かう。
案の定コイン100枚スロットが開放されていたのでプレイするも6万⇒4万になり、これはヤバイと中断。
10枚スロットをプレイし、4万⇒10万へ。100枚スロットは当たらないのか?
景品にメタスラの剣があるんだが・・・ちと今はムリだなぁ。
4時間ほど回していたスロットを後にし、ドゥーランダ山を目指すこととした一行。


つづく
スポンサーサイト

ドラクエⅪプレイ_15

~ 大樹崩壊後 その1 ~

魔王を前に大敗した
気を失っている間、エマとの昔の思い出がフィードバックしていた
夢の中で義理母は仲直りの仕方を教えてくれたが、魔王に同じことをしろというのだろうか。

…そして、目が覚めたら……



魚になっていた!!
(ぇ?コナン?コナンか?!)



海の女王の元へいき、世界が崩壊したこと。
グレイグ達が最後の砦と呼ぶ場所があること。
魔王が海も侵略しようとしていることをしる。

海の女王の力で逃がされる主人公。
逃がされた先では空腹にまけ、釣り針にかかっているエビを食べる。
つられた船の上でギリギリ人間に戻る主人公。
…これ、戻らなかったらさばかれて終わり?(笑)

こうして主人公はイシの町を目指すこととした。
道中の敵がレベルUPしているので気を付けろとのことだったが…
特に強いとは思えないレベルの敵ばかりなので、ズイズイ進む主人公。
ただ一つ、デイン系の呪文が使えなくなっていた。
まぁギガスラッシュ使えるから問題ないんだけどね。

イシの村の入り口付近で見覚えのある犬。
村に入ると…そこには幼馴染のエマの姿が。
エマは生きていた。 ホメロス達が攻めてきたあの日、グレイグが命まで取る必要はないと捕虜にされていたようだ。

…サンタローズの二の舞ではなかった。。
本当によかった。。。

その後、デルカダール王と謁見ののち、グレイグ達が帰還。
帰還と同時に魔物の襲来があり、適当に退治。
(ライフコッドを思い出すなぁ。。)



つづく

ドラクエⅪプレイ_14

~ オーブ収集の旅 ラスト~
---------------------
収集したオーブ
 *レッドオーブ
 *イエローオーブ
 *グリーンオーブ
*パープルオーブ
 *シルバーオーブ
---------------------
主人公のレベル:48
---------------------

古代図書館で、女王が魔女を復活させた張本人では?との疑いがかかる。
一行はクレイモラン城下町へ。

女王に話しかけると、やはり女王が魔女であったことが判明。
サクサク攻撃して倒す一行。 エッケハルトが再度封印の呪文を唱える。
(ポカパマズ・・・?)

なんか、音楽が春のフルートっぽい。
その後女王に連れられ城につくも、どうやら魔女の封印に失敗してたようだ。
再度戦闘になるのかとおもったが、女王とはうまくいっていたようで女王の庇護の元、討伐は無しとなった。

女王よりブルーオーブを受け取った一行。
いよいよ聖域ラムダより大樹を目指すこととなった。
聖域ラムダではファナードから過去の勇者:ローシュ、賢者:セニカの話の話のあと、一行は大樹を目指す。

始祖の森を祭壇を目指す一行は道中、小休憩をする。
そこで、セーニャとベロニカが最後まで一緒だよね?と聞いているが…まさか片方がいなくなるとか・・・?


一行はそのまま先を目指し祭壇へ。
祭壇ではオーブをセットし、大樹に入る一行。
奥へ進むと、そこには勇者の剣が・・・!

勇者の剣を手に入れようとしたその矢先、ホメロス将軍が出現。
そしてイベント特融の無敵状態でメンバー瀕死。
グレイグ将軍も駆けつけるが、デルカダール王に裏切られる。
デルカダール王にはウルノーガがとりついていたのだった。
ウルノーガは主人公から勇者の力を吸い取り、勇者の剣を手にする。
それを魔王の剣に生まれ変わらせ大樹に突き刺した。

世界は… 崩壊した…


つづく

ドラクエⅪプレイ_13

~ オーブ収集の旅 その4~
---------------------
収集したオーブ
 *レッドオーブ
 *イエローオーブ
 *グリーンオーブ
*パープルオーブ
 *シルバーオーブ
---------------------
主人公のレベル:48
---------------------

ソルティコの町にあるカジノでジャックポットを狙い続ける一行。
バニーさんから「大当たりがでる予感!」と言われるも、当たらず。
コインも50000⇒240000まで増える始末。
とりあえず、交換したいものはすべて交換して終了。
(狐白から当たりやすいと聞いたんだが・・・運ですかね。。)
その後、鍛冶でできるアイテムの製造と強化を片っ端から実施した。

はやぶさの剣の二刀流+つるぎの舞で8回攻撃になるのかと期待していたけど、そんな夢物語はなかった。。。


やることが終わった一行は、最後のオーブを求めてクレイモランへ。
城下町でその町の女王から、魔女の仕業であるとの話を聞く。
(マウントスノーでは雪女だったけど、違うのかな?)

ミルレアンの森というところに兵士が派遣されたとの情報から、一行はミルレアンの森を目指す。
尚、この森はレベ上げの為に何度も訪れているので道中の宝はすべて解放済み。
…ってことで、スラスラと最奥を目指す。

最奥に向かう途中で仲間が消えてしまった。
そのまま前に進む主人公の目の前に、グレイグ将軍が魔物と戦闘中であった。
主人公を目にしたグレイグ将軍は油断し、魔物の一撃をもらってしまう。
魔物はそのまま主人公を攻撃…するも、渾身の一撃を数発で倒れる魔物。
うーん、手ごたえがない^^;

魔物に最後のトドメをさすグレイグ将軍。
その後、魔女が現れ主人公・グレイグ両名が襲われるもベロニカのおかげでなんとか一命をとりとめる。

その後、魔女を倒すために古代図書館に向かうこととなった。
…古代図書館……FF5を思い出す響きだ。


つづく

ドラクエⅪプレイ_12

~ オーブ収集の旅 その3 ~
---------------------
収集したオーブ
 *レッドオーブ
 *イエローオーブ
 *グリーンオーブ
*パープルオーブ
---------------------
主人公のレベル:40
---------------------

メダル女学院についた一行。
学園長から小さなメダルのポイント用紙をもらい、アイテムゲット
学園内を適当にめぐる一行。学園内では打ち直しの玉、怪鳥の幽谷ってところにシルバーオーブがありそうだということを知る。
また、補修室というところでは夜になるとお化けがいるという情報も。

とりあえず、メダル女学院の中のクエストを受諾。
1つは思い出の品を探してほしいというもの。 大きな木から20歩東とかいいつつ、実際には40歩ちかく歩いたんだが。。。

そこで手に入ったのは、マルティナの母親の品。
当然、マルティナに装備させる。 戦闘中、行動終了時にMPが回復するらしい。 とりあえず装備。
DQ全般言えることだけど、MP回復系は長期戦には必須だから助かる。

他には女王の鞭を作れという女生徒。
・・・とりあえず作って渡したけど、女生徒の「これでご褒美もらえちゃうかもしれない♪」って・・・。
・・・・・・・まぁ、本人がいいならいっか。

最後に新聞を探してほしいと依頼を受けてから怪鳥の幽谷を目指す。

道中、エッグモンスターに乗ってポンポン飛んでみた先にクエスト依頼のあった新聞発見。
また、エビルに乗って壁を歩いたりしたが・・・特にイベントも特になく快調にすすみ怪鳥が住むという巣へ。
そこでヘルコンドルが出現し、なんというか…ボス?って感じで圧殺し、巣からシルバーオーブをゲットした。

この後、雪と氷に閉ざされた町 クレイモラン城下町へ。
左上の扉は魔法の鍵で開きそうだけど、ストーリーを進めたくないなーってことで放置。
フィールドに出て近場のダンジョン等を片っ端から廻ることに。

本が一杯の塔、氷の上を滑り、魔獣を討伐したら岩を壊す魔獣に乗れたり、氷漬けのドラゴンを見つけたり。
そんな感じでいろいろウロウロしていると、聖地ラムダに到着してしまった一行。
ここはベロニカ、セーニャの故郷。村長?よりオーブをすべて集めてくるよう話をもらい、一行は最後のオーブであるブルーオーブを求めて旅にでるのであった。



・・・・ウソです。
ここからしばらくの間、ソルティコ・鍛冶を行います。


つづく